読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ETF備忘録

ETFについて調べてことを記録。投資なのだから、手数料よりもパフォーマンス。

原油ETFの比較、どれがおすすめなのか

投資 ETF 原油 WTI 比較

原油ETFを比較した結論

原油上昇予想なら1671WTI原油、原油下落予想なら2039原油ベアETNがおすすめ。

パフォーマンスと流動性の観点から判断。

原油ETF・ETNの一覧

  • 1671 WTI原油価格連動型上場投信
  • 1699 NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信
  • 1690 ETFS WTI 原油上場投資信託
  • 2038 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN
  • 2039 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ベア ETN

 

正式名称は長いので、以下とする。

  • 1671 WTI原油
  • 1699 NOMURA原油
  • 1690 ETFS WTI
  • 2038 原油ブルETN
  • 2039 原油ベアETN

 なお、原油に投資するために先物口座を開くのは難易度が高い。原油に投資できる投資信託もあるが、ETFと比べてメリットが特にない。

上昇予想でWTI原油(1671)を選ぶ理由

まず、消去法で原油ブルETNとETFS WTIは消える。

 原油ブルETN(2068)はパフォーマンスが悪すぎる。

2014~2016年の3年で見ると、WTI原油:-29.8%、-45.4%、+9%に対し、原油ブル:-61.1%、-77.3%、+2%。上がっても下がっても原油ブルのパフォーマンスが悪い。

2倍の動きは魅力があるが、上がっても下がっても負けるのではメリットが薄い。

なお、WTI原油は3年でー61%、原油も下落していて十分に悪いが、原油ブルはー91%。1/10になってしまっている。

ETNなのもマイナス。ETNは債券であり、リーマンショックでリーマンが潰れた時のように、発行体が潰れるとその債券が紙くずになるリスクがある。

 

ETFS WTI(1690)は1日数百万円しかできず、数億円の売買代金がある他商品と比べて流動性が無さ過ぎる。

WTI原油(1671)とNOMURA原油(1699)の比較

WTI原油(1671)とNOMURA原油(1699)が残るが、売買代金、パフォーマンスともにWTI原油(1671)が若干上。

 

年間パフォーマンスの比較

 f:id:lions1:20170131140801p:plain

どちらも下がっており、年度により勝ち負けあるが、通算ではWTI原油(1671)が上回る。 

 

原油ETFの売買代金の比較(1日平均)

 

f:id:lions1:20170131141332p:plain

 

以上より、WTI原油(1671)がパフォーマンス、売買代金共にも上回るので、このETFを投資対象とする。

 

こちらがWTI原油ETFの商品ページ。

WTI原油価格連動型ETF|シンプレクスETF

 

下落相場では原油ベアETN(2039)

下落相場に対応するのは原油ベアETN(2039)のみ。

売買代金も1日2億円以上ある。

気になるのは、2016年はWTI原油(1671)が9%上昇しているが、原油ベアETNは-45%と-1倍を大きく越えて下がっている点。先物コンタンゴでもっと良いパフォーマンスが出るのではと思ったが。